いい感じだったのに冷められた!?彼がそっけなくて連絡がこない時の対処法!

絶対に復縁できる方法

いい感じだったのに冷められた!?彼がそっけなくて連絡がこない・・

恋愛事情で1番多いトラブルってなんだと思いますか?
人と人なので、たくさんのトラブルが考えられますよね。

そんなトラブルの中でも1番多いのって「冷められる」ことです。
現に、私の友達や周りの人が悩んでいたこともあるし、
私自身も「いい感じだったのに彼から冷められたかも」と悩んだことがあります。

それまではずっと幸せだと思っていたのに、
突然冷められたと感じた時、戸惑ってしまいますよね。

また、突然ではなく、少しずつ勘付いてしまうのも辛いですよね。
どんな形であっても、冷められて喜ぶ人はいません。

悲しいことですが、冷められたことを無かったことにはできません。
ですが、「ああ、もう元の関係には戻れない」なんて落ち込む必要は全くありません。
これは断言できます!

なぜなら、私は実際に彼の冷め期を乗り越えた1人だからです。

なので今回は、今悩んでいるあなたに「諦めなくてもいいんだ」と思ってもらえる
対処法を私の体験談を交えて、ご紹介していきます。

私が彼に「冷められたかも」と思い始めたのは、
付き合ってから3年経つ頃でした。

当時の私は、世間一般的に聞く「冷め期」が
付き合って3ヶ月頃のものだと思っていたので、3年も付き合っている私たちにとっては
関係のないことだと思っていました。

ですが今思えば、その安心が彼に冷められた原因だったのだと思います。
この原因を知ることは、「冷め期」を乗り越える為に重要な1つです。

恋愛に関わらず、なんでもそうですよね。
雲行きが怪しくなってきたら、一早く原因を知ることが大切です。

そんな大切なことを私は、後回しにしてしまいました。
真実を知るのが怖かったんだと思います。

付き合って3年経った頃、「彼に冷められたかも」と思い始めていました。
その頃に彼がとっていた行動を大きく分けて、2つご紹介します。

まず1つ目。
最初に感じた彼の行動は、「連絡がそっけなくて遅くなった」ことです。
以前は彼と頻繁に連絡を取っていました。
周りのカップルと比べても、連絡はマメに取るカップルだったからこそ
その違いにはすぐに気づきました。

また、連絡に関連することだと、こちらが疑問文ばかり送るようになっていきます。
例えば、こちらが「この日予定空いている?」と聞いても、
「わからない」というそっけない返答だけで終わりにされたり・・。

さらにいつも私からの連絡ばかりで、彼の方からはあまり連絡が来なくなったり・・。

両思いだったはずが、段々と一方通行になっていきます。

次に2つ目の行動は、デートのキャンセルが多くなることです。

デートの約束をしていたのに、突然「行けなくなった」と連絡が
来たことってありませんか?

もちろん、数回なら許容範囲な気がしますが、
何回も続いたりするのは危険なサインです。

この2つの行動が、一般的に見られる変化です。
そして、この行動が見られてからが踏ん張りどころです。

どうしたらいいかわからない!このままでは・・・

踏ん張りどころと言っても、何をどうすればいいのか分からないですよね。
私は、この踏ん張りどころに悩まされました。
このままでは、別れる道しかないかもしれない・・・。
そう思うまでに諦めモードに入っていました。

この現実から今すぐ逃げ出したい。
そんな気持ちから、付き合い始めの幸せだった生活を思い出すようになっていました。

付き合い始めのきっかけは、彼からの告白でした。
彼とは1年前から友達だったので、とても驚きました。

驚きを隠せない私に彼はこう言いました。
「友達だった頃より何倍も楽しませるし、ずっと好きな自信がある。」

彼の真っ直ぐな言葉に胸打たれ、彼の告白を受けることにしました。

彼が友達から彼氏に変わって、宣言通り前とは違った楽しさがありました。
今までは、バカなことを言って笑い合ったりしていました。
しかし付き合ってからは、彼に対してドキドキする気持ちが加わり、とても幸せでした。

そんな幸せだった時期が確かにあったのに。
気づいた時には失いかけていました。

先ほど、「冷めた時に人がとる行動」を2つあげましたが、
普段でも連絡を取る頻度があまり多くないカップルの場合、
中々「連絡の頻度」だけでは彼に冷められたことに気づくことは難しいですよね。

また、2つ目にも同じようなことが言えます。
元からあまり思っていることを言葉にしない彼だった場合、
気づくことは更に難しいと思います。

なので、実はあまり参考にならないんです。
では、どうやって彼の冷め期から脱出したのか?

それは友達がオススメしてくれた「電話占い」がきっかけでした。

電話占いを試してみたら対処法がわかった!

私が友達にオススメしてもらったのが電話占いなんですが、
話を聞いた時は全くやるつもりがありませんでした。

「誰にも未来のことなんか分かるわけない」と思っていたし、
あまり人に何か相談をするのが得意ではなかったからです。

しかし、オススメしてくれた友達も元々は占いを信じてはいませんでした。
そんな友達が「騙されたと思ってやってみて」と言ってきたことを
断ることはできませんでした。

そんな経緯があった訳ですが、実際に占ってもらうと笑ってしまうくらい
私の悩んでいたことが吹き飛んだんです。

電話占いを始めて、最初の方は正直緊張して、占い師さんにあまり気持ちを伝えられませんでした。
伝えたのは、現状と彼を繋ぎ止めるにはどうすればいいのか?の2点だけでした。

私が伝え終わると、占い師さんは静かに占いをしだしました。
「あなたは彼に冷められたかもしれないと思った時、どうにか彼を繋ぎ止めようと
連絡頻度を上げようとしましたよね?
その行動が彼を少し苦しめていたみたい・・。」

「あなたが冷められたかもしれないと思った時、彼は冷めてはいなかった。
だけど、あなたの行動が追い打ちになって結果彼を冷めさせちゃったみたいなの。」

思わず「当たってます!」と声に出るくらい、ピタリと言い当てるから、
すごく見透かされている気がしました。
気づいたら自分が思っていた話したいことをスラスラと話しだしていました。

占い師さんの相槌がとても心地よくて、占い結果が当たるのか分からない時から、
何かあったらまた利用したいなと思っていました。

それから占い師さんに、これからどうしたらいいのか対処法を聞きました。

「結末から言うと、あなたと彼は3ヶ月から遅くても1年以内に関係性は修復されます。」
その言葉を聞いて、心の中でガッツポーズをしました。

そんな私の心を見透かすかのように、占い師さんはこう続けました。
「ただ、占いって絶対じゃないんです。
占いの結果だけを信じる方がいるんですが、大切なのは占い結果をどう受け止めるかなんです。」

「占い結果が良くても悪くても、あなた自身が変わろうと努力することで、占い結果通りになったり、
外れて悪い方向に行ったりします。
それを踏まえた上で助言をすると、対処法としてあなたは一度彼と距離を置いた方がいいと思います。
それが占い結果のように上手くいく近道です。」

占い師さんが話している間、ずっと頷いていたのを覚えています。
言う言葉全てが当たっているし、納得できる話ばかりでした。
とても充実した時間でした。

それから2ヶ月程、私から彼へ連絡をすることを極端に減らしました。
最初は少し不安でしたが、占い師さんが言っていたことを思い出しては、耐えました。

ただ、その期間自分磨きに没頭していたので、苦になる程ではありませんでした。
そして、2ヶ月過ぎた頃彼から1件のラインがきました。

「2泊3日くらいの旅行に行きたい!行きたい所とかある?」

突然の彼からの誘いに、胸が高鳴ったのを今でも覚えています。
それからは、彼からの愛情表現が悩む前よりも多くなった気がします。

あの時、電話占いを勧めてくれた友達にも、
そして占い師さんにも本当に感謝しています。

この記事を読んでくださったあなたも電話占いをきっかけに
幸せになって欲しいと心から願っています。

>>私が利用した電話占いはコチラ

コメント

タイトルとURLをコピーしました